購買課長の節約日記(雑談も書きます)

激安という言葉に目がない僕が、お得な話と小遣いから資産を倍増していくまでの奮闘記をメモ代わりに書いていこうと思います。(雑談が大半になるかも!?)

(家庭菜園)ビワの木剪定してみました

こんにちわ

 

土日は色々と忙しく、ブログを書く暇がなくて、更新が疎かになってしまいます。

すいません

 

さて、先日記載したビワの木ですが、殆んど収穫出来ましたので、色々調べた上で剪定をしてみました。

 

先ずは、調べた情報から

1)剪定は、強剪定と弱剪定がある

2)強剪定は、やりすぎると、翌年ショックで実が付かない。

3)剪定時期は、収穫後のこの時期、もしくは秋頃がオススメ

4)枝は、3つに分岐するので、そこから1つを切る

5)葉が生い茂ると、実が小振りになるので、欲しい実の数程度で良く、重なっている葉を落とす

6)一度に、剪定すると細菌が入り、枯れる恐れがある、3年ほどかけて、収穫しやすい横に広がる枝を残す形状に仕立てる

7)そのままにしておくと10m近くになる、主となる幹を切り落としておくと後々楽になる

 

うん、やり方は大方理解は出来たけど、写真か動画が欲しいところです。

もう少しブログを書くなら相手の立場に立って親切に記載して欲しいと考えてしまいます。

 

ま、マニュアル人間になってはいけないので、ここは感性を信じて、、、

 

レッツ❗チャレンジ❗❗

 

という訳で、剪定前の画像はこち


f:id:nachisechi:20170625171036j:image
 

写真を縦に撮影すると 向きはやはり横になるみたいですね❓

 

またまたすいません、剪定しちゃったので

取り直しが効かないのです、、、

 

そう、過去には戻れないのです。

 

という訳で、出来上がりがこち

 


f:id:nachisechi:20170625171223j:image

 

主となる幹をバッサリ切ってやりました。
f:id:nachisechi:20170625171242j:image

 

 うーん、剪定後は取り直し出来るのですが雨が振りだしたので、諦めました(*´∇`*)

 

いいんです、雰囲気が伝われば🎵

 

これで、来年は美味しいビワが来年出来ると思います。

 

そう、過去に戻れないので、壁によじ登ってチョキチョキしてたら、途中経過を一切写真におさめず仕舞いで終了してしまいました(笑)

 

人様のブログにはケチを付けておきながら、同じ結果になってしまい申し訳ございません。

 

来年こそは、キチンと初心者にも分かるマニュアルとした様式で、作成したいと思いますので、一年程お待ち下さい。

(書いてる私も初心者ですけどね)

 

 

 

(90秒で知ったかぶり出来る豆知識)ふるさと納税の仕組みと課題(提案含むのです)

こんにちわ

 

節約日記と題名を決めておきながら、殆ど雑記となりつつあるこのブログ(・ω・)

 

たまには、節約に関連する内容も記載したいと思います。

(分野が絞れて無く、どんな層の方が見て下さってるのか?でも、アクセスは少しずつですが増えています、、)

 

豆知識シリーズの目的は、そんなに興味はないけど、お昼休憩時に話題として出せたり、話が出たときに少しこのネタをすれば「お?知ってるね!!」と

少し知識人として、注目を浴びて欲しいという想いから作成しています。

 

ですので、深く知りたい人は他の記事を確認して下さい。

貴方の興味分野を少しでも増やせればと小出しに(小出しなんかい >Q<)

情報発信しているのです。

 ---------------------------------

最早知らない人は殆どいないと思われるふるさと納税、皆さん利用されてますか?

この制度、侮るなかれ❗️

かなりお得な制度なんです、一定の収入がある人は、損はしません❗️

 

どんな仕組みかと言うと、今まで会社員なら、年末調整をして、この時期に住民税の金額確定通知がくると思いますが、その住民税が安くなるのです。

そして、所得税も安くなります。

しかも、市町村からの特産品が貰えます。

一石三鳥な制度なのです。(デメリットもあります、後述します)

 

2015年に控除限度額が2倍に拡大されて以降うなぎ登りのこの制度

ただ、住民税を納める箇所が、居住地ではない場所へ納税されるので

居住地の収入が減少することで、国も慌てて、還元率を30%以内にするようにと発言しなければならないほどフィーバーしています。

きっと来年以降、あちこちの特産品のボリュームが減少してしまう事が予想されます。

でも、特産品アピールは、今まで無名だった市町村にとっては非常に有意義な広報宣伝の場でもあるので、このあたりを上手く活用している市町村にとっては制度を作っておきながら今更なんでやねん!!と思っているはず。

 

悪いのは、QUOカードやらパソコンなどその地域の名産ではない商品を返礼品として展開している市町村があるからであって、お金集めを前面に出す無能な発想をする市町村に対して注意喚起していくべきではないのでしょうか?

 

過疎化が進み税収が減少の一途を辿る地元を、都会へ出て行った人達に応援してもらいたいという思いと、税収入を首都集中型から、分散したいと言う考えの下スタートした「ふるさと納税」その考えから導き出されるのは、

1.地元の名産品を全面的にアピールする

2.地元に残っている人には特に手厚くする返戻金を用意する

 

そんなものをレパートリーとして用意していくべきじゃないでしょうか?

毎年楽しみにしている人達が、物だけではなくいつか訪れたくなる。

地元に住み続けることでメリットがある

 

そうゆう魅力を発信出来れば、人口流出を防げるんじゃないですかね

 

あ?豆知識忘れてました(笑)

ポイントだけ書きます

1)このふるさと納税、正確には納税ではなく、寄付金控除が適用されます

  他の市町村へ寄付をしたという名目で控除を受けれます

2)確定申告をしなくても良い、ワンストップ制度を利用した時に住民税は

  下がるけど、所得税はどうなっているの?という疑問

  住民税を確定する通知の際に、上手く減税しているので、ご安心を

  (これ、あちこちの記事にも上手に書いてくれていないので大事です)

3)この制度は特産品貰えてラッキー~と喜んでいますが、言えば自分の

  住んでいる場所に収める税金を他府県に渡すという制度なので、

  自分の住んでいる町の税収が減って、公共工事などのインフラが

  不便になっていく可能性も孕んでいます

  (これも、あまり書かれていないぞ!!他のサイト、メリットばかり書くんじゃない)

 

 

90秒で読めるボリュームのため、かなり大雑把です。

 

いいんですよ、この記事から興味が広がれば・・・

 

 

 

 

 

 

 

(90秒で知ったかぶりできる豆知識あり)我が家のメダカ公開なのです (メダカ飼育)

ビワばかり写真をアップしていますが、生き物の画像も欲しいところなので、

我が家のメダカ達を、公開します❗

 

今回初公開です❗❗

 

大丈夫、後悔しませんので(笑)

 

 

まずは、幹之メダカ


f:id:nachisechi:20170620080658j:image

ラメが強い子達は、娘の友達や、親戚に目をつけられて旅立っていきました、、。

 

ええんやで、おっちゃん喜んでくれるなら(*´∇`*)

 

この、幹之メダカは、元は娘さんの名前から命名された品種なのですが、人気に拍車がかかり、今では沢山の派生した品種の名前が乱立しています。

 

 

 

そして、楊貴妃メダカちゃん


f:id:nachisechi:20170620081346j:image

あ?画像横向きですね、すいません。

メダカブームの火付け役と言っても過言ではない品種です。

 

こちらも、沢山旅立っていきました。

 

こちらは、三色団子、じゃなく三色錦

錦鯉みたいに美しい三色という話で、卵から孵化させましたが、三色だけどなんか違う、、。

ぶち猫みたいな感じ(笑)

水草が水上草として成長し、中身はほとんど見えません。


f:id:nachisechi:20170620081737j:image

こちらも、向きおかしいですね、不馴れでごめんなさい。

 

メダカブームから本当に色んな種類を見掛けるようになりました。

 

昔は、ヒメダカくらいしかいなかったのに、熱帯魚かと思えるほど綺麗な色を発色させています。

メダカにある色素胞で色合いが決まっていくのを、累代させることで、更に特徴ある体色にさせていく。

 

体以外にも目やヒレにも着目し、最近では本当に数えきれない種類に増えてます。

ただ、顔と形はどれもメダカというね。

 

そのブームに習って前は、7種類程飼育していたのですが、

混ぜると危険❕❕

 

というか、混ざってどれがどれやら分からない状態になってしまいました。

 

掃除するときも容器は別にしないといけないし、稚魚も別にしないといけないので

 

容器だらけになってしまった過去がごさいます。

 

 そんなこんなで、現在は9つで飼育しています。

毎日せっせこ餌やりしています。

毎週、蒸発した水の補充と、卵を隔離しています。

毎月、容器の水換えしています。

 

メダカの繁殖をしていると、稚魚も同じ色や形だけでなく、様々な子供が産まれてきます。

特にダルマという、尾が短いものは、水温が高い夏場に産まれやすくなります。

 

泳ぐ姿なんか、ヨタヨタ必死に泳ぐので可愛いのですが、奇形のため、その後未受精卵

 を産みやすくなります。

 

たまに、2世代3世代と増やしていく内に、珍しい色や大型に育つメダカが産まれてきます。

 

それらの個体は、ある意味偶然の産物なので累代を繰り返して同じ個体が産まれるように固定させないといけないのですが、そこまで真剣にやっていくと、もはや趣味ではなく、ビジネスとなり容器とスペースがいくらあっても足りない状態に陥ります(笑)

 

ま、深く考えずに世話は大変ですが、それなりに楽しくやっとります。

 

 

 

(ファンではないので)カンニング竹山 考え方おかしいね

このカンニング竹山、この前は良い事言ったと掲載しましたが、

この考えはおかしいと思ったので少しだけ書きますね

headlines.yahoo.co.jp

 

内容はAKB総選挙の際、NMB48須藤凜々花が結婚発表をしたというもの

それに対し、メンバーかっらも賛否両論、ファンからも非難が出るなど炎上しているニュースです。

 

それに対し、カンニング竹山

「裏切られたも何も、ファンと結婚するわけじゃないんだから。

ファンも大人なんだから、そういう気持ちで見てやんないと。

その子にはその子の人生あるだろうに」

というコメントをしたとか

 

そうなのか?

女優や俳優・歌手などであれば、演技が上手だから、とか歌を聞かせる歌唱力があるなど突出した能力を売りに芸能活動をされていると思うんですけど、

アイドルという括りは、どうゆう基準なのでしょうかね?

40代でアイドルはいるのでしょうか?

 

僕にとって、若いと言うのが一般的なアイドルという認識です。

その若いと言うある種の能力に関連するのが、独身である

アイドルとは、皆の応援を元に、更に有名に育てていく対象物であって

一人のファンでは叶わない、言わば共有・共感するファンを沢山有する必要が

ある人物がアイドルなのではないでしょうか?

 

同性のファンを集めるアイドルであれば、まだしも、異性を対象としたアイドルグループは、ファンは男性と考えるべきです。

 

その男性が応援するアイドルに彼氏がいた場合、応援するのでしょうか?

自分達が知らないところで、あんなことやこんなことをしちゃっている子を

応援しようと思うのでしょうか?

 

また、AKBグループは恋愛禁止なんですよね?

それを今まで隠しておいて、突然の発表

恋愛禁止という触れ込みでファンを集めている集団が詐称しながら

活動をしているわけなので、卒業後に発表なら契約も終了しているなら

何をされても文句を言われる筋合いはないと思いますが、契約期間内での

この発表は詐欺行為に近いと思います。

 

彼女を応援する為に、集めた票は2万票、事前に告知されていたら

結婚引退前の彼女にそんなに票は集まらない、

 

いわば、選挙で当選して当選発表会見で「引退します」と言っているようなもの

有権者舐めてるの??ときっと騒ぐと思うけどね・・・

 

竹山さんは何を考えてこのコメントをおっしゃったんでしょうか?

一面でしか物事を捉えていないんじゃないかな??

 

確かにその子にはその子の人生はあると思いますよ。

でも、自分を売り込んで有名になっていくのがアイドルなんでしょ?

 

それが仕事なんだから手順を踏んで

卒業発表 → 芸能界引退 → 結婚発表 と進めていかないとね。

 

若いからって許されるものではないよ。

お金をもらう限り年齢関係なくプロなんだからね!!

 

 

 

 


(今年初)クワガタ採集行ってきたのです(京都南部)

おはようございます

 

先週になりますが、近所の子供がクワガタ欲しいと行ってきたので、確保するため少し早いですが、クワガタ採集と去年の採集場所の確認がてら出掛けて来ました。

 

ポイントは、通い続けて今年で3年目になります。

毎年同じ場所にカブトムシとクワガタが取れます。

このポイントは、時期によって採れる種類が異なり、最初は、コクワガタを見掛け、その後ヒラタクワガタノコギリクワガタ、最後にカブトムシと6月から9月まで楽しめます。

といっても、週に一度捕まえては逃がすという事を繰り返しているポイントです。

最初は飼育していたのですが、メダカ同様、容器が10を超えた辺りから奥さまに、

「下駄箱が毎晩ガサガサ五月蝿い❗(*`Д´)ノ」と、どやされてからは、数を減らして飼育はオオクワガタのみにしました。

 

昔は、ノコギリクワガタなんて憧れて、友達が飼ってるのを羨ましく見ていた記憶が未だに残っています。

 

でも、今は自分で車で採集に行けるので色んな種類を採集する事が可能になりました(о´∀`о)

オオクワガタだけは、採れないですけどね(笑)

 

余談はここまでで、お気に入りポイントに到着すると

「お!小さいけど、樹液が出ている箇所にコクワガタ発見♪」

 

「あ!こっちにも、ウロの入り口で発見♪♪」

 

という事で、5分で3匹確保しました~。

 

その証拠がこちら↓


f:id:nachisechi:20170620195239j:image

 

はい、小さいけどなにか!?

 

いいんです、御近所のちびっこに差し上げるので怪我でもされたら大変なのです。

 

3年前に、兵庫県のコテージに宿泊した際、ノコギリクワガタと出会ってから、クワガタ採集にハマるようになりました。

 

でも、ど田舎じゃなくてもいるものですね。

 

ええ、田舎なので大差ないからかも知れません

この木がいつまでも残り続けますように、、、

(メダカ飼育)繁殖の季節なのです

春が過ぎて、夜中の気温も18度を超えてくる辺りから産卵行動が活発化してきます。

 

皆さんも繁殖活動頑張っていますか~?

 

冗談です(笑)

 

さて、メダカ愛好家にとって、この季節は新しいメダカを掛け合わせたり、

同じ種類を増やしたりと忙しい時期がやってまいりました。

 

このメダカという生き物は、基本的に飼育は簡単です!!

温度も適当、冬は氷が張っても、頑張って生きています。

水質もほったらかしでも、元気に生きております。

 

ただ、卵から孵った稚魚は、人間がサポートしないといなくなります。

それは、親が食べてしまうから・・・

 

メダカは水草やコケなどに卵を産み付けます。

そして、積算温度(何度の温度で何日過ごしたか)に関係し孵化します。

温度が高いと早く孵り、低いとその分時間がかかる

一般的に250度積算と言われているので、25度であれば、10日ほどで孵化する

と考えてもらえればと思います。

 

で、この卵、年間で1匹に対して300個ほど産むと言われています。

全部孵ると、物凄く増えてしまう計算ですね。

たまに、未受精卵もあり、何日かすれば白濁しいつの間にか消えてなくなっていますが。

 

この卵達を以下に上手く、退避させるかが大事なのです。

大きな容器に、隠れやすい場所を沢山用意できる環境をお持ちであれば

いいのですが、普通はそうはいかないものです。

 

その場合、お勧めなのが、親を移動させる

 

嘘です!! そんな邪魔くさいことはしません。

 

答えは、

産卵した水草を別の入れ物に移し返す

そうすれば、簡単に避難させる事が出来ます。

ただ、水草よりもっと簡単なのは

産卵床をDIYする」のです。

 

 

よくこんなのが販売されていますが、↓

 

 不要です。

 

毛糸を割り箸を割らずに、挟んでモフモフ感を出した状態でチョッキンしたものを容器に引っ掛けておけば、完成です~。

1週間に一度、取り出し別容器に入れておく、ただそれだけ🎶

 

2個作って、毎週入れ替えれば

本当に沢山のメダカを繁殖することが出来ます。

 

毎年育たないと、困っている方がいましたら一度試してみて下さい。

 

作り方を書けと言われれば公開します。

 

(別にシュロでも、モフモフ感があるものなら何でもOKですけどね)

 

 

(家庭菜園)ビワの収穫と剪定は、注意しないと来年実が付かないのです

こんにちわ

 

ビワの収穫が、三度目となりました。


f:id:nachisechi:20170619082138j:image

お陰様で、毎日ビワばかり食べております。

他所様の庭にもビワがなってるのですが、そのままにしている方が多いのですが、勿体ない(>_<)

 

ま、実を付けたら全部頂きたいので、間引かず小振りなビワだらけになってしまいましたが(笑)

 

大きく、そして美味しくさせるには、数を減らし栄養を集中させないといけないみたいです。

 

そして、モジャモジャ生い茂ったビワの木も剪定しないとこれまた、来年小振りで美味しくなくなるみたいです。

ただ、あまり切りすぎるとショックを受けて実を付けなくなるので、毎年少しずつこまめに剪定してあげないといけないみたいです。

 

残りのビワが30%ほど、、、

 

収穫終われば剪定にチャレンジしてみたいと思います。